入会申し込み書・変更届け
 
高額医療費貸付制度のしくみ
 政府管掌健康保険にご加入の皆様方に、ご利用いただきました高額医療費貸付事業につきましては、20年9月をもちまして、社会保険協会での申込受付は終了しました。
  20年10月からは、新たに設立されました「全国健康保険協会埼玉支部」が行いますので今後ともご利用ください。 なお、貸付に係る精算業務は、引き続き当社会保険協会が行います。

◎全国健康保険協会埼玉支部(「協会けんぽ」)
〒330−8686
さいたま市大宮区土手町1−49−8
G・M大宮ビル
TEL. 048-658-5919

1医療費には自己負担額があります。
政府管掌健康保険及び船員保険に加入されている本人、または家族の皆さんが病院で診療を受けられたときには、医療費の自己負担(表1)を支払うことになります 。

2.高額療養費が支給されます。
その支払った同一月の医療費(保険診療分)の自己負担額が70歳未満の方は(表2)、70歳以上75歳未満の方は(表3)の自己負担限度を超えたときは、本人の申請により高額療養費が支給されますが、その決定は病院等から提出された診療報酬明細書(レセプト)の審査を経て行いますので約4-5ヵ月かかります。

3.当座のお支払いにご利用ください。
そのため「高額療養費貸付制度」は当座の医療費の支払いに充てる資金として、高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で貸付して、適切な療養の確保と家計負担の軽減を図ることを目的として昭和60年4月スタートし、多くの人に利用していただいている制度です。

 
 お申し込みから精算までの流れ

 1.申し込みの方法

 ● 提出していただく書類

 

高額医療費貸付金貨付申込書の被保険者記入欄に、必要事項を記入して、次の書類を添付のうえ、提出してください.

(1)

医療機関(病院等)の発行した、保険点数(保  険診療対象総点数)のわかる医療費請求書

(2)

被保険者証、受給資格者票(原本提示、郵送の場合は、写し結構です。)

(3)

高額医療貸付金借用書

(4)

高額療養費支給申請書

提出先

 

都道府県社会保険協会

 2.貸付金の振り込み

 

貸付金額が決定しますと、ただちにあなたが指定した金融機関の口座に、振り込まれます。(郵便局を振込先とすることはできません)
○振込手数料は、不要です。
○貸付金には、利子がつきません。

 3.貸付金の返済と精算

 

高額医療貸付は、あなたの委任にもとづき、直接全社連に支払われますので、この高額療養費と貸付金との精算を行います。精算の結果、通例として高額療養費の2割相当の残余が生じますので、その精算金は、あなたが指定した金融機関口座に振り込むとともに、借用書をお返しします。
高額療養費が不支給などの理由により、貸付金が返済されなかったときに、不足のときは通知をいたしますので、期日までに返還してください。

 

 届け出ていただく内容等

 

 貸付を受けた後、精算されるまでの間に、住所、
氏名、金融機関・口座を変更したとき、申込先の社会保険協会にお届け下さい。
 申込者が亡くなられたときは、その家族の方が、
申込先の社会保険協会にお届け下さい。

◆お申し込み・お問い合わせは◆
一般財団法人埼玉県社会保険協会

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1-4-10 浦和商工ビル3階
TEL 048-835-7721
FAX 048-835-7722